多様性、公平性、一体性

ノートンLifelockは、あらゆる人を受け入れる、多様で安全な職場文化の構築に力を注いでいます。

それは、誰もが尊重され、成功を奨励される文化です。ノートンLifeLock では、従業員は多様性と一体性のある職場環境でこそ真価を発揮でき、素晴らしい成果を実現できると考えています。

ノートンLifelock では、誰もが意見を持っています。多様な見解は、より適切なビジネス決定を下し、提供する製品やサービスが世界中のさまざまなお客様のニーズを満たすために役立ちます。 まず、さまざまなバックグラウンドと見解を持つチームを構築します。 これにより、お客様に対する理解が深まり、新しい傾向への対応をスピードアップし、イノベーションを刺激することができます。 多様性への投資は、それが正しいことであるからだけでなく、業界、企業の業績向上、そして収益につながるからです。

ノートンLifeLock では、多様性、公平性、一体性を推進するために多面的に取り組んでいます。

  • 従業員のライフサイクルにおけるすべてのタッチポイント、つまり、多様性に富んだサイバーセキュリティ人材を引き付け、定着させ、育成する方法に重点を置き、これを継続的に改善します。
  • あらゆるレベルで従業員に学習と成長の機会を提供し、誰もが帰属意識を持ち、成功できる一体性のある職場環境を育てます。
  • グローバルに一体性のあるポリシーとガイドラインを助言し、作成して実施することにより、正しいことを行うことが当社の基盤に確実に組み込まれています。
  • 投資を増やし、社内外の関係者と密接に連携して、従業員リソースグループ(Employee Resource Group - ERG)が主要ビジネス目標に及ぼす効果を高めます。
  • 社内とノートンLifeLock の影響を受けるコミュニティの両方で、多様性、公平性、一体性に関する話し合いを持ち、真のソートリーダーとして役割を果たします。
  • 科学、技術、工学、数学(STEM)教育に投資し、グローバル規模で、多様なテクノロジーの才能をもたらすパイプラインを強化します。

ノートンLifeLock における多様性、公平性、一体性(DEI)に関する事例、見解、インサイトはこちらからご覧いただけます。

従業員主導のビジネスインパクトネットワーク

ノートンLifeLockでは、ビジネスインパクトネットワーク(BIN)プログラムを通じて従業員をサポートすることに力を注いでいます。BIN は、誰もが理解され、耳を傾けてもらい、尊重され、評価されていると感じられる一体性のある職場文化の構築を支援するうえで、重要な役割を果たしています。誰もが、自分が属していると感じることができる場所です。私たちが信じているのは、人々に平等な機会を与えると、驚くほどすばらしいことが起こるということです。それぞれの BIN のミッションは、4 つの重点領域に分けられます。

ノートンLifeLock の取り組み

サイバー防御の世界的リーダーとして、ノートンLifeLock には未来へ投資する義務があります。 女子に対する STEM 教育のサポートや、過小評価されがちな専門家に対する機会均等の提供など、ノートンLifeLock は、未来をあらゆる人々とってより公平なものにするために尽力しています。

また、誰もが尊重され、成功を奨励される、安全で包括的な職場環境の実現にも尽力しています。 これがノートンLifeLock の取り組みです。

英国の男女賃金格差についてのレポート

2017 年 4 月、英国政府は、従業員数 250 人以上の英国内の組織に対して、英国の男女賃金格差(GPG)についてのデータの公開を義務付ける法律を導入しました。年間の要件として、このレポートにより、ノートンLifeLock は企業としての価値観にどの程度従っているか、多様性に対する取り組みがどの程度実践できているかを確認する機会を得ることができます。

ノートンLifeLock は、優秀で情熱的な多様性のあるチームを構築するための取り組みを明確に示す一連の高い倫理基準に従って、誰にも真似のできないレベルでお客様の保護のためにチーム全体が一丸となって取り組んでいます。それは単にコンプライアンスであるというだけではありません。多様性、公平性、一体性を推進していけるのは、ノートンLifeLock のチームメンバー、お客様、そしてパートナーの皆様のおかげです。

最新のレポートが作成されましたら、こちらに掲載いたします。

男女賃金格差についてのレポートを見る:
英国の男女賃金格差についてのレポート(2018 年度)
英国の男女賃金格差についてのレポート(2017 年度)

ノートンLifeLock で一緒に働きませんか?  採用 ページをご覧ください。

click to top

Back to Top