ノートンLifeLock によるサイバーキャリアコネクション

募集: サイバーセキュリティ専門家を目指している方

サイバーセキュリティは今日最も需要の多い分野の 1 つで、IT 関連のその他の業種と比べて 3 倍もの速さで成長しています1。医療から金融サービス、小売、そして製造、消費財に至るまで、世界中のほぼすべての企業が、増え続けるサイバー攻撃のリスクから組織、データ、従業員、顧客を保護することができる熟練の専門家を求めています。

しかし、このような素晴らしい機会があるにもかかわらず、これらの職務に就くための準備ができている有資格の志願者が大幅に不足しています。2022 年までに 180 万もの人手が足りなくなることが現時点で予想されています2

サイバーセキュリティ業界におけるグローバルリーダーとして、当社は将来の人材育成という役割を果たすことを誇りに思っています。2014 年に開始されたノートンLifeLock によるサイバーキャリアコネクション(開始当時は Symantec Foundation)は、その多くが今までこの好調な分野に携わったことのない、過小評価されて十分に活躍できていない若者や退役軍人に向けた道筋を提供する共同の取り組みで、需要の多いサイバーセキュリティの仕事を確保し、長期的で有意義なキャリアを享受できるようにします。

サイバーキャリアコネクションは、関連するワークフォース全体における次の 4 つの主要な課題に取り組んでいます。

  • 気づき - 非営利団体や教育者が、サイバーセキュリティ業界に長期的なキャリアの機会があるという認識を高めるのに役立ちます。
  • 採用、トレーニング、認定 - サイバーセキュリティ分野に従事したことがない人々を採用し、トレーニングを行います。
  • 就職に向けた準備 - 学生にサイバーセキュリティのインターンシップやその他の実地学習を体験させて、実社会の課題でトレーニングを行います。
  • キャリアの開始 - プログラムの卒業生をサイバーセキュリティの職務につなげます。

サイバーキャリアコネクションを使用して、サイバーセキュリティの世界的な人材不足に対処するだけでなく、特に女性やマイノリティ、そして退役軍人のために、技術関連のワークフォースの軌道を変えるのにも役立っています。このプログラムは、ノートンLifeLock の目標に沿って、コンピュータサイエンスとサイバーセキュリティに重点を置いたグローバルな非営利団体と提携して、2020 年までに 100 万人の学生が STEM 教育に気づき、携わり、教育を受けることができるようにするものです。

強力な組み合わせ: 教室での学習 + ビジネス体験

当社のサイバーキャリアコネクション C3 の学生の一人は次のように述べています。「このプログラムによりサイバーセキュリティの世界に目を向けることができました。ここで得た知識を実際の状況に適用できるようになりました」

サイバーキャリアコネクションの中核を成すカリキュラムは、サイバーセキュリティの原則、ソフトウェアとコンピュータのプログラム、およびメソッドとツールの専門的なトレーニングに加え、ビジネスの基礎、履歴書や面接のトレーニングなど、テクニカルスキルとソフトスキルの両方に重点を置いています。教室でのトレーニングに続いて、学生はインターンシップやその他のビジネス環境において、教室で学習したことを応用します。プログラムの卒業生は、正社員として採用されるように関連企業の面接を受け、長期的なキャリアを形成する機会があります。これまで、サイバーキャリアコネクションの卒業生の多くは、Salesforce、Microsoft、eBay、Autodesk、TD Ameritrade、Morgan Stanley、Gap, Inc.、などの有力企業に正社員として採用されました。

成功に向けたパートナーシップ

サイバーキャリアコネクションは、ノートンLifeLock と非営利のトレーニングパートナー、そしてグローバル企業との間で行われるコラボレーションプログラムで、サイバーセキュリティ分野における若者や退役軍人のキャリアを形成するための準備に取り組んでいます。教育開発関連の有数の非営利団体である Year Up および NPower と協働し、サイバーキャリアコネクションは有資格の多様な人材を確保して、この急成長を続ける業界をサポートします。卒業生はプログラムを終えると、キャリアを成功させ、今日のサイバーセキュリティの課題の解決の一助となるよう、就職の準備を開始します。

プログラムの参加方法の詳細については、以下のパートナーに直接お問い合わせください。

click to top

Back to Top