著作権侵害の結末

ソフトウェアの著作権侵害は窃盗行為です。個人またはその所属企業がコピー、または違法なソフトウェアコピーの配布で捕まった場合、民法および刑法の両方で責任を問われます。ソフトウェアの所有者が個人またはその所属企業に対する訴訟を決定した場合、所有者は所有ソフトウェアの使用/配布を即座に停止させ、損害賠償金を請求できます。

法的な措置に加え、著作権侵害または偽造ソフトウェアのユーザーは以下の状況に置かれる場合があります。

  • ソフトウェアウイルスへの感染、ディスクの破損、ソフトウェアの欠陥
  • 製品マニュアルが不十分または存在しない
  • 保証なし
  • テクニカルサポートなし
  • 正式なライセンスを持つユーザーに提供されているソフトウェアアップグレードの適用外

米国著作権法

米国著作権法{合衆国法典第 17 編 101 条以下参照、合衆国法典第 18 編 2319 条}

著作権侵害には最大 5 年の懲役、および最大 250,000 ドルの罰金が科せられます。常習者は最大 10 年の懲役が課せられる可能性があります。また、違反者は実際の損害、利益の損失、1 件あたり最大 150,000 ドルの法廷損害賠償の民事責任が課せられる可能性もあります。

click to top

Back to Top