著作権侵害のタイプ

ソフトウェアの著作権侵害として、以下のような主要な 5 つのタイプがあります。

偽造
この著作権侵害は、著作権の対象である製品の偽造を目的とした著作権物の不正な複製、配布、および/または販売です。パッケージソフトウェアの場合、コンパクトディスクの偽造コピーだけでなく、関連するパッケージ、マニュアル、使用許諾書、ラベル、登録カードとセキュリティ機能も付随しているのが一般的です。

インターネットでの著作権侵害
ソフトウェアをインターネットからダウンロードした時点で発生します。ソフトウェアをコンパクトディスク形式で購入した場合と同一のルールが、オンラインでのソフトウェア購入にも適用されます。一般的なインターネットでの著作権侵害の手口は、以下のとおりです。

  • 無償ダウンロードまたは交換が可能な Web サイト
  • 偽造品や正規の流通経路外の商品を提供するインターネットオークションサイト
  • 著作権の対象となるプログラムの不正な転送を可能にするピアツーピア型ネットワーク

エンドユーザーによる著作権侵害
これは、個人が、著作権所有者の承認を得ずに、ソフトウェアの複製を作成した時点で発生します。たとえば次のような例があります。

  • 1 つのライセンスコピーを使って、複数のコンピュータにプログラムをインストールする
  • ディスクをインストール用や配布用に複製する
  • アップグレード対象バージョンの正規コピーなしに、アップグレード特典を利用する
  • アカデミック版、限定版、非売品などのソフトウェアを適切なライセンスなしで取得する
  • 職場内外で、ディスクを交換する

クライアントサーバー環境での超過使用
この種の著作権侵害は、集中管理されているプログラムの複製を、ネットワーク上で同時に使用するユーザー数がライセンス数を超えた時点で発生します。ローカルエリアネットワークを使用していて、プログラムをサーバーにインストールして複数のユーザーが使用できるようにする場合、そのような使用方法がライセンスで許可されていることを確認する必要があります。ライセンスで許可されている数をユーザー数が超えた場合、「超過使用」です。

ハードディスクへの搭載
これは、企業が、マシンの購入をより魅力的なものにするために、ソフトウェアの不正コピーをハードディスクに搭載した新しいコンピュータを販売した時点で発生します。

click to top

Back to Top