グローバルサプライヤー行動規範

ノートンLifeLock は、セキュリティ、ストレージ、システム管理ソリューションにおける世界的リーダーです。顧客の情報のセキュリティ、アベイラビリティ、完全性を保証するというノートンLifeLock のビジネスの性質上、グローバルな責任が求められます。倫理と誠実性は、ノートンLifeLock のビジネスの成功の基盤です。そのためノートンLifeLock では、この文書を支持し、製品およびサービスのお取引先様に適用される「グローバルサプライヤー行動規範」(または、「規範」) として採用することを宣言します。1

サプライヤーは、すべての従業員とノートンLifeLock の業務を行う下請け業者にこの規範を通知し、この規範の順守に同意したことを確認する責任があります。

規範に加えて、サプライヤーはノートンLifeLock との合意およびコミットメントの条件を順守する必要があります。これには、すべての表明および保証が含まれますが、これらに限定されません。本規範のいかなる規定も、サプライヤーがノートンLifeLock に対して負う可能性のあるその他の義務 (かかる義務が書面であるかどうかにかかわらず) に、修正、制限、またはその他の方法で影響を与えるとは見なされません。

サプライヤーは、実施される場所にかかわらず、自社の事業に適用されるすべての法律と規制、およびこの行動規範を順守する必要があります。順守には、倫理的責任を果たす方法でビジネスを行うことが含まれます。サプライヤーは、規範または現地の法律のいずれか厳しい方を順守する必要があります。ノートンLifeLock は、サプライヤーが高い倫理基準を示すこと、および不適切と思われる、あるいは不適切なように見える活動を回避することを求めています。

ノートンLifeLock は、当社の制限または法律に違反するサプライヤーおよび関連当事者との取引を中止します。

規範は 6 つのセクションで構成されています。セクション A は、この規範への適合を管理するための許容可能なシステムの要素を説明しています。セクション B、C、D はそれぞれ、労働、健康と安全、環境への配慮を説明しています。セクション E はビジネス倫理に関する基準を追加し、セクション F は追加の規定を含みます。

A. 管理システム/規範の順守

サプライヤーは、規範を確実に順守するための管理システムとプロセスを整備するものとします。この管理システムは、サプライヤーの責任、管理の説明責任と責任、法的要件および顧客要件、監視、リスクの管理と評価、サプライヤーの管理、トレーニング、コミュニケーション、および労働者のフィードバックと参加などの領域をカバーする必要があります。それらに加えて、以下を網羅する必要があります。

1. 監査、評価、および認定書

サプライヤーは、この行動規範の順守と、社会的責任および環境的責任に関連する顧客の契約要件を監査するものとします。ノートンLifeLock は、規範の順守についてサプライヤーを監査したり、規範の一部またはすべての順守についてサプライヤーに認定書を示すよう要求したりする場合もあります。サプライヤーは、ノートンLifeLock によるこうした合理的なコンプライアンス監査または認定書の要求に迅速かつ完全に協力するものとします。これには、ノートンLifeLock に対する業務に関連する文書を提供することや、ノートンLifeLock やノートンLifeLock の代表者による面談に出席できるようにすることなどが含まれますが、これらに限定されません。サプライヤーは、規範の不履行に対処するための是正措置および予防措置のプロセスを整備するものとします。

2. 文書と記録

サプライヤーは、規制、規範、およびその他の合意されたノートンLifeLock 要件を確実に順守するために、文書と記録を作成および維持するものとします。

B. 労働

サプライヤーは、労働者の人権を擁護し、世界共通の思想ならびに世界人権宣言および国際労働機関の中核的労働基準が宣言する内容に従って、尊厳と敬意を持って労働者を処遇するものとします。

1. 自由に選択された雇用

強制労働、拘束労働、年季奉公労働、または強制的な囚人労働は、いかなる状況においても使用してはなりません。すべての労働者は自発的であり、労働者は合理的な通知があれば自由に退職できる必要があります。労働者は、雇用条件として、政府発行の身分証明書、パスポート、労働許可証を引き渡す必要はありません。

2. 児童労働の回避

児童労働の使用は、いかなる状況においても使用してはなりません。「児童」という用語は、15 歳 (または適用される現地の法律により 14 歳)、義務教育を完了するための最低年齢、または特定の国で雇用される最低年齢のうち、最も高い年齢に満たないすべての人を指します。18 歳未満の従業員に危険な作業を行わせてはなりません。

3. 労働時間

週の労働時間は、現地の法律で定められた上限を超えてはなりません。労働者は、週 7 日につき少なくとも 1 日の休業を認められるものとします。さらに、緊急時や非常時を除き、残業時間を含め、週あたりの労働時間は 60 時間を超えてはなりません。

4. 賃金と福利厚生

サプライヤーは、適用される賃金法に準拠した給与レートで適時に労働者に報酬を支払わなければなりません。これには残業が含まれます。懲戒的な賃金の減額は認められません。

5. 反人身売買と人道的扱い

米国の法律に従い、ノートンLifeLock は、サプライチェーンから奴隷制と人身売買を撲滅することを目指しています。米国およびノートンLifeLock のポリシー (以下「ポリシー」) に従い、強制、拘束 (借金による束縛を含む) または年季奉公労働、商業的性的搾取、強制的な囚人労働、奴隷、または人身売買は使用してはなりません。これには、労働またはサービスを求めて、脅迫、暴力、強制、拉致、詐欺による、人を輸送、収容、募集、移送、または受領することが含まれます。会社が提供する施設への出入に関する不当な制限に加えて、施設内での労働者の移動の自由に対する不当な制限があってはなりません。

雇用プロセスの一環として、労働者が出身国を出発する前に、雇用条件の説明を含む母国語で書かれた書面の雇用契約を労働者に提供しなければなりません。すべての仕事は自発的でなければならず、労働者はいつでも自由に退職したり、雇用関係を終了したりできます。雇用主とエージェントは、法律で労働許可証の保持が要求されていない限り、政府発行の身分証明書、パスポート、または労働許可証などの従業員の ID または移民文書について、従業員によるアクセスを停止、またはその他の方法で破壊、隠蔽、没収、または拒否してはなりません。労働者は雇用者またはエージェントの求人料またはその他の料金を支払う必要はありません。また、現地の法律を順守しない求人業者は使用してはなりません。各サプライヤーは、米国およびノートンLifeLock のポリシーと、ポリシー違反に対して取られる措置について、従業員とエージェントに通知する必要があります。各サプライヤーは、コンプライアンス計画または意識向上計画を策定する必要があります。

さらに、すべての契約および下請け契約のうち、米国外で取得した 500,000 ドルを超える供給 (商用既製品を除く) については、サプライヤーは次のようなコンプライアンスプランを整備する必要があります。従業員が人身売買の違反を報復の恐れなく報告できるプロセス。グローバル人身売買ホットラインの電話番号 1-844-888-FREE と、そのメールアドレス help@befree.org を利用できるようにする手段。賃金がホスト国の法的要件を確実に満たすようにする採用計画および賃金計画。住宅を提供する場合、それがホスト国の住宅要件および安全要件を確実に満たすようにする計画。あらゆるティアまたは事業規模のエージェントおよび請負業者が違反することを防ぎ、ポリシーに違反したエージェント、請負業者、または請負業者の従業員を監視、検出、および契約終了するための手順。

対象となるサプライヤーは、契約履行の開始時までに、職場および Web サイトにコンプライアンス計画の関連コンテンツを投稿するものとします。また、契約の発注を受けてから毎年、コンプライアンス計画を実施したことを証明する必要があります。また、デューデリジェンスを実施してから毎年、サプライヤー、請負業者、エージェントのいずれもポリシーに違反していないこと、または違反が起こった場合にサプライヤーが適切な是正措置と紹介措置を講じたことを証明する必要があります。

さらに、すべてのサプライヤーにおいて、セクシャルハラスメント、性的虐待、体罰、精神的または肉体的強制、または労働者への暴言を含む、過酷で非人道的な扱い、およびそのような扱いを行うといういかなる脅迫もないものとします。

6. 無差別

サプライヤーは、労働者が嫌がらせや違法な差別を受けない状態を維持しなければなりません。

7. 結社の自由

代表を求め、自由に結社し、労働組合や労働者評議会へ参加または不参加する労働者の権利は、現地の法律に従って尊重されなければなりません。

C. 健康と安全

1. 労働安全

サプライヤーは、化学的、生物学的、または物理的要因による潜在的な安全上の危険を最小限に抑えるための手順を整備する必要があります。必要に応じて、個人用保護具を提供するものとします。労働者が安全上の懸念を提起することについて懲戒されることがあってはなりません。サプライヤーは、適用されるすべての品質、健康、安全、および環境に関する規制を順守するものとします。必要なすべての許可、ライセンス、登録を取得および維持し、最新の状態に保つものとします。サプライヤーは、運用およびレポートの要件を満たすものとします。

法律またはノートンLifeLock が要求する、職業上の傷害および病気を防止、管理、追跡、および報告するための手順とシステムを整備する必要があります。サプライヤーは、職場でのすべてのインシデントを報告し、必要な医療または医療へのアクセスを従業員に提供する必要があります。

2. 緊急時の準備

緊急時の計画と対応手順を整備する必要があります。

3. 職業上の傷害および病気

職業上の傷害および病気を予防、管理、追跡、報告するための、以下の規定を含む手順とシステムを整備する必要があります。a) 従業員による報告を奨励する。b) けがや病気のケースを分類して記録する。c) 必要な治療を提供する。d) ケースを調査し、原因を排除するための是正措置を実施する。e) 労働者の職場復帰を支援する。

4. 産業衛生

サプライヤーは、清潔なトイレ設備、食品の用意、保管場所、清潔な飲料水および飲食設備への合理的なアクセスを労働者に提供しなければなりません。

5. 身体的に負荷のかかる作業

サプライヤーは、身体的に負荷のかかる作業の危険に対する労働者の曝露を特定、評価、管理するための手順とシステムを整備する必要があります。

6. 機械の安全対策

サプライヤーは、機械の安全上の危険性を評価する必要があります。機械が労働者に傷害の危険を及ぼす可能性がある場合、設備に安全対策を導入するための対策を講じる必要があります。この機器は適切に監視および保守する必要があります。

D. 環境

環境責任は、ノートンLifeLock のビジネス戦略において不可欠な部分です。これは、当社製品の製造においても重要です。ノートンLifeLock に代わって製品を供給または出荷するサプライヤーは、ISO14001 および ISO19001 と、それらの現行バージョンに準拠している必要があります。

1. 環境許可と報告


必要なすべての環境許可、承認、登録を取得し、維持し、最新の状態に保つ必要があり、その運用要件と報告要件に準拠する必要があります。

2. 汚染防止と省資源

あらゆる種類の廃棄物は、発生源で、または生産、保守、施設のプロセスの変更、代替材料の使用、材料の保全、リサイクル、再利用などの方法によって、削減または排除する必要があります。

3. 有害物質

環境に放出された場合に危険をもたらす化学物質その他の物質は、安全な取り扱い、移動、保管、リサイクル、または再利用と廃棄を確実にするために、識別および管理する必要があります。

4. 廃棄物と排出

サプライヤーは、排出または廃棄の前に、必要に応じて、作業から発生する廃水、固形廃棄物、および排気を特性化、監視、制御、および処理する必要があります。

5. 製品内容の制限

サプライヤーは、特定の物質の禁止または制限に関して、ラベル付け、リサイクル、廃棄を含む、適用されるすべての法律、規制、および顧客の要件を順守するものとします。

E. 倫理

ノートンLifeLock は、ノートンLifeLock とサプライヤー、およびサプライヤーのサプライヤーとの間のすべての業務上のやり取りにおいて、最高水準の誠実性を要求します。

1. ビジネスの誠実性

ノートンLifeLock は、すべての業務上のやり取りにおいて、最高水準の誠実性を要求します。あらゆる形の汚職、強要、横領は固く禁じられています。

2. 不適切なアドバンテージの禁止

サプライヤーは、政府または国際公的機関の職員、政党、政党の候補者、州が所有または管理する会社の従業員、または商業顧客またはサプライヤーの取締役、役員、従業員、または代理人に対して、事業を獲得または維持するため、または不適切なビジネス上の利点を確保するため、または受信者に職務を不適切に遂行させるために、直接または間接的に、支払いを行うこと、その約束または提案を行うこと、または有価物を提供することを禁止されています。有価物には、贈答品、チップ、ひいき、娯楽、旅行 (そのような個人の家族や友人を含むがこれに限定されない) が含まれますが、これらに限定されません。

製品またはサービスの割引、機器のローン、マーケティング資金、またはその他の許可された事業活動は、不適切な支払いを偽装または助長するために使用してはなりません。サプライヤーは、他の事業体を利用して、提供または提案が許可されていない支払いを行ったり提供したりしてはなりません。

サプライヤーは、この条項 E.2. と矛盾する、または適用される現地法、米国の連邦海外腐敗行為防止法、または英国の贈収賄防止法に違反する、支払いや贈答品が提案、提供、要求、または受領されないように、内部ポリシーと手順を採用する必要があります。

さらに、サプライヤーは、いかなる取引においても優遇措置を取得または提供するために、直接的または間接的に、リベートを提供、提案、要求、または受領してはなりません。

サプライヤーは、ノートンLifeLock の取引に関連するすべての支出が合理的かつ慣習的であり、通常の適切な事業過程で行われることを保証するものとします。賄賂または不適切な行動への誘引と解釈される可能性のある支出を行ってはなりません。サプライヤーは、優遇措置を確保したり、不適切な利益を得たりするために、受取人の判断に影響を与えることを意図したものと解釈されうる、食事、接待、または贈答品を含む、ビジネス上の優遇を提供してはなりません。サプライヤーは、受領者の雇用主の行動規範に違反していることを認識しているビジネス上の優遇を提供してはなりません。さらに、サプライヤーは、優遇を提供する人物または団体に有利になるよう行動に影響を与える意図で、ビジネス上の優遇を受け入れたり要求したりしてはなりません。

円滑化のための支払いは、ビザ申請やカスタムリクエストの処理など、合法的な職務の遂行を円滑にするために、入門レベルの従業員または意思決定をしない担当者に支払われるわずかな金額です。円滑化のための支払いは、個人が不適切な行動や職務の責任と一貫性のない行動をとるように影響を与えることを意図したものではありません。多くの国で円滑化のための支払いは禁止されています。ノートンLifeLock 関連のビジネスに関連してサプライヤーが行う円滑化のための支払いは、ノートンLifeLock に迅速に開示され、上記の基準を満たし、サプライヤーの帳簿および記録に正確かつ透明性をもって記録されなければなりません。

サプライヤーは、ノートンLifeLock に関するすべてのビジネスに関連する全取引を正確、迅速、かつ完全に文書化するものとします。各取引のサポート文書はサプライヤーによって保守され、ノートンLifeLock による検査を受けられるようにする必要があります。事業記録は、適用される法律および規制に従って保持されるものとします。ノートンLifeLock のビジネス取引に関連する資金の支払いは、明確に定義された手順を備えた、正式に承認された書面による契約に従って行われる必要があります。文書は適切な権限を持つ個人によって署名され、契約の条件に従わない限り変更されないものとします。ノートンLifeLock ビジネスに関連する未承認の資金または資産を作成または維持することはできません。

3. 情報の開示


サプライヤーは、ノートンLifeLock に関連する事業活動、構造、財務状況、業績に関する情報を、他の当事者に開示してはなりません。サプライヤーは、適用される規制およびこの分野における一般的な業界慣行に従って行動するものとします。

4. 知的財産、機密性、およびデータプライバシー


サプライヤーは、ノートンLifeLock の知的所有権および機密情報を保護し、ノートンLifeLock の権限と一貫して、責任を持って使用することを義務付けられています。サプライヤーによるそのようなデータの使用は、ノートンLifeLock のビジネスに関連する目的に、またはノートンLifeLock とそのようなサプライヤーとの間の該当する契約に記載されているとおりに制限されています。サプライヤーは、機密性、セキュリティ、データプライバシー、および知的財産の保護に関するノートンLifeLock の要件を順守するものとします。サプライヤーは、著作権、特許、商標、ライセンス、企業秘密を含むがこれらに限定されない、ノートンLifeLock およびその他の知的財産の所有権を順守する必要があります。サプライヤーは、ノートンLifeLock または第三者の特許技術、著作権で保護された資料、またはその他の知的財産または機密情報を、書面による許可なしに使用することを禁じられています。さらに、サプライヤーは、通常の事業過程で必要な場合、またはノートンLifeLock によって許可された場合を除き、ノートンLifeLock の機密情報を転送、公開、開示、または使用することを禁じられています。

5. データプライバシー法および規制

サプライヤーは、適用されるデータプライバシー法および規制を順守する必要があります。

6. 公正なビジネス、広告、および競争


サプライヤーは、顧客情報を常に保護するための適切な手段を使用して、公正なビジネス、広告、および競争のすべての基準を維持するものとします。

7. アイデンティティ保護

サプライヤーおよび従業員の内部告発者の機密性と保護を保証するプログラムを整備する必要があります。ノートンLifeLock は、疑わしい行動または本規範の違反を誠実に報告した個人に対する、サプライヤーからの報復または懲罰を禁止します。

8. 地域社会との関わり

サプライヤーは、自社の事業が地域社会に与える影響を認識し、地域社会にプラスの影響を与えるよう努めるべきです。サプライヤーは、従業員のボランティア活動の規定を設定することを含む、社会コミュニティ内で慈善寄付と投資を行うように奨励されています。

F. 追加規定

1. 利益相反

サプライヤーは、ノートンLifeLock とのビジネス取引において完全な客観性を持って自由に行動する必要があります。したがって、利益相反を回避する必要があります。ノートンLifeLock に代わって客観的に行動するサプライヤーの能力を妨げる潜在的または実際の利益相反が発生した場合、サプライヤーはノートンLifeLock にすべての関連する詳細を報告する必要があります。

2. 政府関係者へのロビー活動

ロビー活動について特段の規定がある場合を除き、サプライヤーはノートンLifeLock に代わって政府関係者にロビー活動を行うことを禁止されています。ロビー活動とは、一般に法律、規制、および規則に対して影響力を及ぼすことを目的とした活動を含みます。

3. 品質保証

サプライヤーは、最高の品質基準に従ってノートンLifeLock ビジネスに関連する製品とサービスを提供することを保証するものとします。

4. インサイダー取引

一般の投資家が入手できず、株式の購入または売却の決定に影響を与える可能性のある、ノートンLifeLock とのビジネスの過程で得られた、ノートンLifeLock または他の会社に関する情報を保有している場合、ノートンLifeLock または他の会社の株式を売買しないことで、インサイダー取引を回避するものとます。

5. 規制当局者

サプライヤーは、規制機関の代表者および政府当局者との話し合いには正直に臨み、ノートンLifeLock に関連するサプライヤーのビジネス取引の内部または外部の調査または監査において、ノートンLifeLock の代表者と協力するものとします。

6. 連絡

サプライヤーは、サプライヤーまたはその代表者が本規範に違反して行動する原因となる状況が発生した場合、ノートンLifeLock の連絡先に通知するものとします。ノートンLifeLock は、サプライヤーが違反の報告を容易にするために利用できるさまざまなリソースを用意しています。サプライヤーは、ノートンLifeLock の担当者に直ちに連絡し、コンプライアンスの問題を解決するために協力することを奨励されます。

このような報告方法が適切でない場合は、ノートンLifeLock の EthicsLine を介して懸念事項を報告することもできます。米国/カナダの場合は 1-877-231-0837、国際的には NortonLifeLockEthicsLine.ethicspoint.com、電子メールの場合は ethicsandcompliance@symantec.com までご連絡ください。ノートンLifeLock の EthicsLine は年中無休で毎日 24 時間受付を行っており、通話料金は無料です。秘密は厳守されます。必要な場合、通訳を利用できます。

1ノートンLifeLock サプライヤーは、ノートンLifeLock が製品またはサービスの配布において内部または外部で使用する商品およびサービスを提供する直接サプライヤーです。この文書の目的において、「サプライヤー」には、直接の商品やサービスに関する仕事やサービスの提供や遂行のためにノートンLifeLock が提携している、または提携するよう提案している、第三者のサプライヤー、ベンダー、コンサルタント、請負業者、サプライヤーの従業員、エージェント、その他の代表者、または個人 (関係者および非従業員を含む) が含まれますが、これらに限定されません。

追加情報は、次の場所で入手できます。

click to top

Back to Top